自分記録帖

自分に戻る、自分を生きると決めた私の記録帖です。

幸せになろう。

「自分が幸せになりたかったら...」無償で途上国の子どもを助ける吉岡秀人医師が「あいのり」で語った時間論

 

間違った「前提」が崩れ始めた

画一に収まらずに良くなって

1つのことをし続けなくても、大切な人を苦しめない

怒られない

 

飽きっぽさは、駄目ではなく

イデアと行動力の賜物であることが認められつつある。

 

副業オッケーなところも増えて

ライフスタイルに合わせて選択できるまでに拡がった

 

さぁ個性を発揮しよう!

解放宣言が次々となされる

 

 

ところが

個性を隠して「みんな同じ」を上手に演じてきた人ほど

「自分」がどんなだったかわからなくて混乱する。

 

「違和感」や「我慢してきた」ことは感じられても

自分の個性がわからない。

自分の本来がわからない。

自分の使い方が分からない。

そんな人は、少なくないと思う。

 

私自身、自分の価値観で生きると決めて自由を得た後に「本来の自分」がわからなくて苦しかった時期がありまして…

出したい!出せない!

自分の中に在るのに出せなーい!うーんっ!

便秘状態だよー。とほほだよー。

 

 

幸い 私の趣味は内省

悩みは改善解決するために在る

気づいてしまえばなんとかする

助けだって適切に判断した上で要請出来る

そんな性格の私は運が良い。

意識的に鏡(周りの人)を観て

カウンセリングを受け、心理を学び

私は私になりました。

 

便秘 解消〜♪ やっほぅ!

 

 

今は、自分の使い方を模索する日々を送っています。

 

たまに 世間や時代という姿のないものに抗いきれなかった自分を嘆いて怒りが湧く

不毛だぞ〜と 心を抑えてみても

怒りも悲しみもなくなってはくれないし

現実も動かない

幸せにならないこの方法は(私には)駄目らしい

 

なので、怒る自分を赦してみた。

抗いきれなかった自分が悔しい。

抗う方法を知らなかったことが悲しい。

自分の価値観を主張する術を見つけられず悔しい。

 

そうしたら、抗えなかった私以外の

「染まらなかった私」

「諦めなかった私」がいた。

 

現実が動き出す

周りが変わる

   第一段階 状況は変わらないが見方が変わり

   第二段階 対応を変えた結果、状況も変わる

生きてることに感動して泣けたりする。

 

ネガティブな想いもちゃんと見て良いのね

ネガティブ ≠ 悪者

 

自分の感情に、悪者はいない

拗ねたり怒ったり

自分の気を引いている

ちゃんと自分を構ってあげよう。

 

 

大丈夫。


これまで「浪費」していた時間割合を

これからは「投資」に廻せば

『できないことはほとんどない。』

 

遅すぎることはない。

早すぎることはもっとない。

焦らず急ごう。

 

自分を出して

幸せでいよう。

遠足してきた。

シベリア横断鉄道に乗って

シルクロードを遡りたいと思ったことがあります

 

当時は男子でもどうなの⁈という時代

ビビリな

シルクロードにも

中国ロシア方面にも

然程興味のないうら若き女子(当時)が実現に動くわけもなく

妄想でサクッと終了。

…賢明だったと思います。

 

ですが、周りを納得させる大した理由もなく

それでも納得してもらい

イギリス行きは敢行しました。

 

だってどーしても行きたかったんだもん。

 

 

「だってどーしても行きたかったんだもん」がシルクロードだったら、ああは行かなかった。

それでも

日々中国ロシアを熱く語って暮らし

短くても何度も中国ロシアに渡り

言葉や慣習を学ぶなんぞしていれば

シベリア横断鉄道はもう少し身近なことになっていたでありましょう。

 

現時点でそうしなかった私、グッジョブと思うので よし。

やらなかったことがいつも後悔に繋がるわけではありません。

 

さて。

私には、国際空港の出発案内の下に立ち

さぁ 何処へ行こうかとその時の気分で行き先を決めて旅に出るという夢を 随分前から持っているのですが

 

今朝まですっかり忘れておりました。

と、いうことを今朝思い出しました。

 

いきなり空港に行って今日の行き先を決めるのは難しいことではありません。

お金と有効なパスポートがあればなんとかなります。

 

でも、今日までの私では

お金があろうが時間があろうが

有効なパスポートがあろうが行けません。

 

ビビってムリです。

行かない言い訳を100は並べるでしょう。

 

 

最初の一歩をどう出すか

最初の一歩をどれだけ軽くできるかは

普段の生活の行動の影響が大きいなと。

 

 

例えば、近所から札幌駅行きバスに乗ったとして

その先を想像しない私が常態なら夢は妄想止まりです。

 

札幌駅に着いて

あのバスに乗れば実家に帰れる

あっちのバスは空港に向かう

JRに乗ってもいい

空港から飛行機に乗れば東京にも大阪にも韓国にだって行ける

もう一回飛行機に乗れば

世界主要都市はほぼ網羅と言っていいだろう。

 

今いる点と遠い地の点は 結ぶことができるもの

今日の目的地は、何処かへの中継地。

その肌感覚を錆びつかせないよう

「いつも」と「いつもと違う」を近づけとく

 

 

「いつも」と「いつもと違う」を近づけとくと

予想外の素敵なことに敏感に対応できたり

災害対応や様々なリスク管理にも大事なことだと思うのです

 

 

今朝、雨予報が外れました

起き抜けにFacebook記事を読み

2時間後には起きた時には予想もしない行き先のバスに乗っていました。

 

札幌から小1時間

遠足です。

おやつも持ちましたw

f:id:priere-vie:20180714005126j:image

こうして 不意に動けることを「いつも」にしていたら私の夢は実現すると思いました。

 

夢を忘れるほど 視野が狭くなっていたことにも気がつきました。

 

 

私の場合、とっさに動けるということは

分かりやすく楽しいこと。

 

けれど 動く≠善  であることに注意が必要

 

独りよがりは迷惑だし

実力の範囲外の行動は危険

 

大切な人にとっての 善 良 好 佳(すべて「よい」と読んでください) は

観察すると見えるのです

そのデータの正確性が高いほど

必要なタイミングで必要な行動を選ぶことが出来るんじゃないかしら?

そうすればお互いに、幸せな結果が得られると思うのー。

 

大切な人 = 自分>家族友人知人>日本上の生物>地球上の生物  

 

最優先は自分の観察

これがなかなか難しいー

 

逸れました。

 

えーっと

 

時々 遠足をしよう!

思いがけないところへ自分を連れていこう

無理無茶しない

ちゃんとおウチに帰る。

いつか、国際空港に立とう。

どれが練習か本番かわからないくらい

愉しむ術を、身につけて。

賽を投げるまであと少し

心の構造を知るベーシックセミナー再々受講

記録用

 

ボッチのカウンセリングも良いけど

違いを違いと受け容れて話す人達と一緒に受けるセミナーも良い

 

ボッチでいたら

自分のことはきっと一生わからない。

 

 

昨日より今日。確実に よい方へ進んでいる実感があったのですが

講座中に、自分がどこに居るのか分からないような感覚を憶えました。

 

コンパスが狂ったような

暴風に地図を飛ばされたような

 

 

スタート地点に向かって一歩一歩進んでいるつもりが

スタート地点を前に牛歩しちゃっていたかなぁ

 

まだまだだなー。と、距離を測ることと

まだまだだなー。と、未熟さを言い訳にするのは全然違う。

 

コツコツを嫌だと思わないことと

コツコツをすると決めて行動するは

ルビコン川くらいの隔たりがありそう。

(実際には、めっちゃ小川らしい)

 

賽を握った手を振り上げて

未だに投げることが出来ないんだと

「逃げ」を自覚したところで

サクッと進みたくなったりはしないので

気が済むまで逃げてやろうかと思う。

いーやーだー!めんどくさーい!

思う存分駄々をこねてやる。

なにかを代用に捏ねるのはナシにして

好きなだけ何故何故?問うて

進みたくない理由を憶い出そう。

 

賽を投げるのはそれからでいい。

頑張るのは更にそれからでいい。

 

このまま逃げても良いけれど

逃げ続ける方が大変ってのは知っているので選ばない。

 

んー。

つい最近まで、動きたくて動けなくて苛立ってたのにね。

そう思うと、今とても 穏やかで幸せかも。

 

大丈夫

あっち側は、きっともっと愉しい。

 

もうちょっと休みたいだけだから

待っててね。

 

誰に向けてかわからない

文字を起こして涙が出る。

 

そっかいそっかい

小さな純子ちゃんは、休んでいたかったか。

 

休む理由がほしくて具合悪くしてたのか

痛めつけないと休めなかったのね

かわいそうに。ごめんよ。

 

今日から「休みたい」を、休む理由に採用です。

母の日

おかーさんがー❗️

 

『純ちゃん元気で仕事頑張ってるのがいいよ➰💮』って!

 

おー。

感動。

 

 

 

母の日に「ありがとう」を送ったら

(スタンプ1個です)

 

甥っ子の近況と上記の言葉をくれました。

お礼を言ったらお祝いもらっちゃったー

やっほーぅ!なキモチです。

 

 

これまで色々書いておりますが

30過ぎの遅い反抗期で表面化した母との確執

甥っ子が生まれなければ溶けることはなかったかもしれません。

 

…想像するだけで悲しくなります。

甥っ子よ ありがとう。。

 

私は母が大好きです。

嫌いな「部分」はあります。

甥っ子を私の時のように育てる様を見て

喧嘩をしたこともあります。

いいの。

私も母も完璧じゃない。

そこも含めて👌なの。そう、今は思います。

 

 

 

『純ちゃん元気で仕事頑張ってるのがいいよ➰💮』

 

母は、私が仕事が好きなこと

仕事で自分を表現して生きたいと思っていることを感じ取っているのだと思います

母はエスパーですから。

 

それでも

仕事を頑張るかは、私が決めていいのです。

 

なので、I(アイ)メッセージに変換して受け取りました。

 

お母さんは、純ちゃん元気で仕事頑張っているのがいいわ➰💮。

 

 

母が喜ぶと私は嬉しい。

それより誰より

私は私に優しくし、私を歓ばせていいのです。

私は、私の人生を豊かにしていい

備わった能力をフル稼働させたい

自分の時間の総てを豊かにしたい

愉しく働き、寝て、暮らす♡

あー嬉しい♪

 

おかーさーん 

ありがとー♡

悪循環⇨停止⇨揺れ⇨好循環へ

わたくし 物心ついた時から

なんとも言えない根拠のない自信があって

なんとかなると思って生きております。

 

実際、今も生きているので なんとかなっている

なんとかなるいうのは概ね間違いでもない。

 

ただし

これまでの根拠のない自信の源は

「私は出来損ないじゃない!」と

誰かへ証明するための強がりであったように思うのです。

それと、「どーせ誰かが手を出すんでしょ」という諦めに拠る依存。

 

備わっていない能力を強要期待され努める

これが大して伸びない…。

がっかりするも、納得できない。

出来損ないかもしれないと不安になる。

自分で決めたいと言えない。

やってみて出来損ないが証明されると困る。

何も言えず、許可なく手を出されることを受け入れてしまう…。

 

備わっていない能力を期待され努める
そこそこ器用にこなせたりもする

備わった能力で大して努力もせず褒められたりもする。

納得できない。

努力してないのに褒められても受け取れない。

能力が発揮できるかもしれない場面で逃げ腰
自分で決めたいと言えない。

やってみて叩かれるのが怖い。出る杭になるのが怖い。

 

真面目で優しく臆病なワタシ

悪循環。

(じんわり悲しくなってしまうあたり、まだ燻るものがあるのかしらー?と思いつつ、じんわり泣くとすぐ忘れるっぽいのでよしとする)

 

 

片足を床につけて体重計に乗るよう唆され

うまくいっても自分は誤魔化せない。

そんなデータは偽物だ!

私は正しいデータが知りたい!!

正しいデータで発表する!

…そう言えない自分が嫌だった。

 

唆されたと怒っても

そうしたのは私。

他人のせいにはなりません。

 

 

カウンセリングで

期待、信頼、責任が仕分されて数日

 

そこそこ自分に悪態をつき

辛かったねとヨシヨシする

方向は間違ってたけど、よくがんばってたよ。

他人の許可を取らなくていいぞ

自分の好きにしていいよ

褒められたら存分に受け取っていい。

 

 

他人が私を評するのは自由。

他人の評価≠事実 。

他人の評価の大小に、合わせなくていいんだよ。

   怒っていい。ぶつけちゃ駄目。
   喜んでいい。卑下不要。
   期待という名の依存にノーだ。逃げろ離れろ!

 

 

床につけた片足を離して体重計に乗せる。
両脚で体重計に乗る。
壁に触れてた手も離して全体重をかける。

 

ありのままの重さに○。
きっとこれが「存在の肯定」。

自分の体重を把握しよう。

どう使うかはそれからだ。

 

出来損ないでいいじゃない♪

そこは私じゃない誰かの活躍の場

不完全な自分にまるっと○をつけられた。
努力なしに出来ちゃうことにも◎をあげる。

よっしゃ これが「個性の肯定」。

 

いちいち胸に納めます。

 

さて、その後も私の 根拠のない自信は健在だ

でもその源は「大丈夫」に繋がっている。

 

大丈夫大丈夫

心が望まないことはしない

心が望むことをしていたらうまくいく

自分の責任で「やる(やらない)」ことは、全て糧になる。

 

種を撒き、育て、刈り、穫る。

その繰り返し。

 

未来を気負わずとも

    未来: 期待・希望・恐れ・心配

今を生きれば

    過去: 糧・評価・信頼に繋がる。

 

悪循環に気がつきブレーキをかけ続けた数年

停止した反動で

行ったり来たりな揺れも落ち着いたと思う

いよいよ好循環へ回り始める予感

 

ココはちょっとチカラが必要

私には体力があまりない。

ぼちぼちいこう。
焦らない焦らない。

PRIERE