自分記録帖

自分に戻る、自分を生きると決めた私の記録帖です。

母孝行には、まだだいぶかかるから

先日 母の誕生日でした

 

母が24の時に生まれた私。

 

24年後、私は今の母と同じ歳になる。

 

まだ24年ある。

母より先には逝かないと決めている。

 

ふと思う

私にとっての「まだ」に

母はいないのかもしれない。

 

母のこれからの24年

微妙である…。

 

それは困る。

悲しすぎる。

 

母より先には逝かないと決めたってことは

その日はいつか来る。

こういう時は、自分の想像力が疎ましい。

 

この想像を凌駕するほど悲しいんだろうとか思うと倒れそう

だから見ないふりをしようとする

でも

見ないふりをすると、余計に悔いが残るのだ。

 

いつか母はいなくなる。

だからきっと 孝行する。

…したい。

 

まだだいぶかかるから

お願い

ずーっと長生きしてね。

 

(私が)30手前くらいまでは、こんなに心労をかけるだろうと思わなかったろうなぁ

(弟が)30過ぎて、こんなに頼もしくなるとも思わなかったろうねぇ

 

 

 

 

知識×体力×勇気≒知恵

「救えるか」は問題じゃない

「救いたい」んだ。

そう心に浮かんで涙腺崩壊😭

 

目の前で溺れてる人がいたら

助けなきゃ!って思うではありませんか

それと同じ

けど、今の私のチカラじゃ 一緒に溺れちゃう。

 

実際、目の前で溺れてる人がいたら

助けられる人に助けを求めるのが精一杯だと思う

 

助けにいって自分だけ死ぬならまだしも

両方死ぬのはダメだろう

命の無駄はいけません。

 

救うには、知恵と体力を伴う勇気が必要なのよ

勇気だけじゃダメ。

 

知恵も体力もないから怖がって逃げていた

向かうも逃げるも私の自由で

そのまま逃げても良いけれど

逃げてる方がツライのよね。

 

逃げてるなにか 判明

必要なスキル(知識と体力)を得る覚悟ができた

仕事降ってきた

養成講座に手を挙げた(知識)

好きと得意が組み合わさる

経済的にも自立出来そうなビジネスモデルが浮かんだ(体力)

 

私。お客さん。宇宙平和(壮大!。の三方よし

 

いけると思うんだよねー。コレ。

検証、せずにはいられないのでやります。

 

次の↓は、ビジネスモデル実践の具体化!

必要な情報&人 降ってこーい!

 

知識と体力を知恵に変えるのだ

わたし!がんばれー♪

重い荷物を運ぶ方法

やりたいことと一致する

やるべきことは在るとわかるのに

それがなにかわからない

一歩も踏み出せない

いったい何が止めているのだろう?

いったい何を怖がっているんだろう?

 

そう 考え続けて一体何年経ったことでしょう。

 

 

その答えのひとつが

半月ほど前、散歩途中に湧きました

喪失を抱える人のチカラになりたい。

 

怖がっていたものも同時に理解できました

喪失を抱える人と向き合うのが怖かったんだって

 

胸が詰まって涙ぐみ(=正解の合図)

心はこんなんなりました  →  _| ̄|○

 

誤解されたくない点なのでもう一度書きます。

喪失を抱える人 「が」怖いんじゃない。

「私が」向き合うのを怖がったのです。

 

役立たずを自覚する恐れ

人を傷つけるかもしれない恐れ

影響を受けすぎてしまうことへの恐れ

 

勝手に量った荷物が重くて

背負えないと嘆いていたのー

 

怖さの正体=荷物の重さと認めてしまえば対処できます。

いっぺんに持てないくらい重いなら

持てる重さにすれば良い。

 

怖さの正体=荷物の重さ=課題

   ①役立たずな私

   ②傷ある人に触れる

   ③影響を受けすぎてしまう自分

 

対処

①役立たずな私

これは認識した瞬間に手放せました。

恥ずかしくもおこがましいことに

救えなければ意味がないと心の奥底で思っていたようです。トラウマ由来ですね。

役立たずな私であってもいい。

役に立つか立たないか 決めるのは私じゃない。

役に立てば嬉しいけれど

その評価に振り回される必要はない。

やりたいからやる。

 

③影響を受けすぎてしまうこと

    ②のフェーズに移るには③のクリアが条件。

     人との境界が曖昧な状態では進めない。

ココで、自分の意識でさえ、歪んだものに舵を渡すのは嫌だー!どっかーん🌋!となり

遠回りも失敗も引受けると決められた。

自分で考え自分で決めて自分でするのが私の成功。

私の主人は私。

 

なっげーよ!と何度宇宙に向かって毒づいたことか…

急がば回れ

損して得取れ

昔の人は的を得たこと言いますねぇ

 

ここまできてやっと具体的に向き合えます。←今ココ

②傷ある人に触れる

このフェーズは学び。

・スキルを身につける

・技術を磨く

・待てる、見守れる人になる

・優しく強い人になる

知識をつけて練習を積めば

少しは怖さも和らぐだろうと思うけど

きっといつまでも怖い。怖いから慎重になる。

それで良いのだと思う。

 

やってみて ダメならやめていい

軌道修正も進路変更もありを赦して 一歩づつ。

れっつごーですよー。

f:id:priere-vie:20180913160152j:image

20180222の呟き

下書きに残っていました

今 書いている記事の下地になっているなと思い

世に出します。

 

 

滞っているのは

人間の自然の営みを蔑ろにしていたからかもしれない

 

生きている それだけで尊い

その生を 使うかどうかは私次第

生かして巡り始めるのだろうに

 

ずっと舵を取らずにいて

流れを堰き止めていた

 

堰を切ったからといって

「堰を切るように」と

諺のようには行かないらしい。

 

長いこと止めていたから

干枯らびちゃったか?

 

まあいい

戻ってきそうだし

流れはゆっくりでいい。


風穴は空いた

今は空が上に向かって開いている

息ができる方へ行く。

人の話を聴く耳は持つ

定石を学ぶことだって大切

 

でも、どっちに行くかは自分で決めていい。

定石通りに行くもよし

定石を外れるもよし

 

息が、出来る方へいく。

 

 

売れるものを考えろと仰る人がいた

    最もですね。

計画を立てろという。

    ごもっとも。

それ、必要なの?と言った人がいた

    あの時は傷ついたけど今は笑って言える

    「あなたには不要なようですね。」と。

      訳:あなたの感性は鈍いんですね。

 

私の、人の言うことを聞くという定義が間違っていたのね。

窮屈で縮こまって

進めない。

停滞する。

 

本末転倒。

と、わかるくらいには試してもう十分。

 

「らしさ」が消えるのは

ちがーう!って叫びたくなる。

 

違っていい。

息苦しい道には行かなくていい

言うことを聞かなくていい

 

私が欲しいのはどうみても

万人に必要なものじゃない

前程条件が違うのだ。

 

必要とする人に喜んでもらえる

良いものをつくる

よいものを見つける

よいと思うことをする

 

で、見つけてもらう

そこ、がんばろう。

 

そう決めたキッカケが思い出せない

なんだっけー

マンガだったか

テレビだったか

散歩中だったかな?

 

兎も角。

 

定石通りじゃなくていいと決めたら

やりたいことが出来ない縛りが解けた

 

やりたいことをやると決めたら湧き出して

徐々に流れができる気配

流れに乗って舵を取ろう

 

私には私に合うやり方がある。

息ができる方に行く。

 

この道で良いことを

私は私に、証明していこうと思う。

PRIERE