自分記録帖

私が私でいる。自分を生きると決めた私の記録帖です。

ある朝起きると、自分に膜が張っていました…(?)

秋分の日ですね。

 

なんだか急に

自分の膜の内側が

あまりにも静かで驚いています。

 

と思ってさらに驚く。

「ん?膜?」「膜ってナニさ?」

 

見たことないし見えませんが

自分からじわっと出ているエネルギーの一番外側が

になってる…感じ⤴︎?

 

「膜」を感じて思うに、そうじゃなかった以前を表現すると

エネルギーのグラデーションがフェードアウトしてって空気に溶ける感じ

 

これが

 

バーリアってな感じで柔らかくも確かに遮断されてるようなー

とでもいいましょうか

………

わかります?(笑

 

えーっと…

あっためた牛乳に張る膜よりは少し丈夫だけど

昔遊んだセメダイン臭たっぷりの風船玉みたいな?

とにかく心もとないし見えないんだけど

「ある」感満載な膜なんだな

この風船玉 - Wikipedia プラバルーンっていうのね

久しぶりに思い出したわ。

昭和だわー 

 自分に膜が張って

だから静かになったんだと思うのですが

 

静かだなー。

あれ?膜、張ってる?

みたいなある朝(起きたの昼過ぎだけどね)突然現象

 

変なのー?って思ってついつい投稿しちゃった次第です。

 f:id:priere-vie:20160922151035j:image

秋分の日は、ご先祖様を敬い、亡くなった人を偲ぶ日

いつも偲んでいるから特別感ないけど

こういう決まりごとには、意味や謂れや理由が必ずあるもの

その「こと」自体にも敬意を表したいものだなと思います。

 

静かでいられるならこれ幸い

わかんないけど「ご先祖様からの加護」と思い

ありがたーく この膜 頂戴いたします。

PRIERE