読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分観察帖

これ以上欲するものはなにもない。ただ私が私であること以外に。

カウンセリング記録 健全な一歩の手前あたりで安静中

heart

<感想兼備忘録> 

病院(カウンセリング)の予約をし 癒着剥がしのその次は - 自分観察帖

先週診察・手術(カウンセリング)→安静(今ここ)→新しい一歩

 

 

誰にも見せなかったけど
自分にも隠してたけど
私、ものすごく傷ついてました。

 
自分の中を掘って掘って 
傷だらけの自分を自覚して
何に傷ついたかまで自力で辿りつきました。
万紀子さんのブログを最初から読み直すことが随分助けになりました
 
必要なのは、「私が」その傷をちゃんとみると決めること
治したいと願い動くこと(治療費を作ること含む)
 

そこまで出来れば
あとは(カウンセラーさんに)任せればいい。

 

たぶん…今回はすっごくイヤだったんだと思うのよ。

 
カウンセリング受けようと決めたきっかけでもある
一般的によろしくないある行為の葛藤
    だって「悪い」と思ってないもん。
 むしろ「悪い(と思ってないけど)」方に行きたいんだもん。
 でもさー「悪い」と思ってないのが「問題」だってわかるんだよー。(ちっ!)
 
観念してカウンセリングを申し込む
カウンセリング日まで崩した体調が関連あるかどうかはわからないけど
 
熱にうなされながらも
ひたすら傷の原因を深追いする因果な性格
気力体力使い果たし
 
カウンセリング当日は
まな板の上の鯉状態
今回ばかりは、楽しみー♫とは思えなかったよねぇ。 
 
傷のありかと原因は思った通りだったけど
まさか
まさか
これってある意味自傷行為じゃない?!
(自分にも誰にも気づかれなかった程の非常にわかりづらい自傷であり、実際に見えるような傷ではありません)
 
「こんなの平気よー」
「ちっとも痛くないし!」
「全然大したことないよ」
「ほらねー♪」
  って…ニコニコしながら身体中傷つけてみせるよな行為では?
 
怖ぇー!
 
自分に嘘までついて 
自分に気付かれないよう
必死に抵抗してたのね。
それほど見たくない傷口でした。
 
はぁ…。
 
これまでの手術が、癒着した腫瘍を「切り離して捨てる」ものだとすると
今回は、裂傷を消毒して薬を塗り縫合し
折れた骨を正しい位置に戻して固定する
そんな手術。
 
正しい位置に戻すのは痛い
裂傷もすぐには治らない
しばらくは傷が疼きそう…。
 
正直言うと、今も(一般的にはよろしくない行為をすることを)「悪い」と思ってない。
でも、「いけないこと」である理由を教わり
実際自分も「傷ついていた」と自覚し
同じことしたら当然「傷つく」と想像できるので
わざわざしません。たぶん…。(不安)
誘惑されない自分になる。たぶん…。(不安)
大事にされる自分になる。たぶん…。(不安)
 
そんな自分になるために
傷口が膿まないよう消毒をし、薬を塗り包帯をかえ
折れた骨がおかしくならないように無理な動きをしない
そんな毎日のケアが必要なんだと思います。
 
自分を大事にすることは
自分を傷つけないほかにも
労わったり休養したりも必要なんだなぁ。(遠い目)
自分のケアをしながらケアの仕方を学びます。
 
自分を大事に、してないつもりはなかったけど
その「大事」ちゃんと「大事」に向かっているかな…ちょっと不安になりました。
 
いつもは、カウンセリング後に忘れてしまうことは
そのまま要らないことと放っておきますが
 
これまでの自分に「ない」こと過ぎて
うっかり、するんと逃しそうになり
再度確認し直させていただく場面もありました。
しっかり自分に「入れる」必要があったから。
 
ちゃんと見たから
これからは築いていけます。
 
安静にして
ちゃんと治して
体力つけて
健全な一歩を踏み出します。