読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分観察帖

これ以上欲するものはなにもない。ただ私が私であること以外に。

喪失のイタミ

WORK

喪失のイタミを和らげることができればと事業を起ち上げてはみたものの

喪失の痛み苦しみは本人しか分からなんじゃないかって思う今日この頃

喪失の痛みは自分で負う以外にないんだよね。

 

それでも

大切な人の心が血を流しているのなら手を当てたいと願う。

喪失の痛みと闘う人に

そばにいて、ただそっと寄り添ってくれる人がいますようにと祈る。

一緒に立ち向かおうとする人を応援したい想いはあきらめない。

PRIERE(プリエール)

「想い」をテーマにした雑貨を扱う、インターネットショップ。

無事を祈り・安全を祈り・治癒を祈り・喪失の回復を祈り・逝った人を想う。
心配や不安はなかなか手強く
大切な人を喪ったかなしみが 癒されることはないけれど
顔をあげる、あげようと頑張るあなたの 小さな力になれたら嬉しいです。   

私の妹は幼い頃に病で逝ってしまいました。

妹の生や死がどうであったかは兎も角

今は、あの時間が彼女の持ち時間であり寿命だったと解る

彼女は感謝と幸せをたくさん持って逝き

苦しさ辛さ大変さとは無縁の世界にいると解る

根拠なんてなくて、解るんだもん。としか言いようがない。

死は不幸とは違う。

 

そのせいか、時々うっかり「大丈夫だよ」と言いそうになる

それは気遣いのないことだよね。

 

喪失の痛みと闘っている最中の人にかける言葉は、どんなに探しても見つからない。

 遺された者の気持ちは計り知れない

 

イタイものはイタイ。

悲しいものは悲しい。

話せない。触れられない。

彼女の不在はどうにも寂しく

この喪失の痛みは癒えることがない。

 

私が妹の死を乗り越えるのに費やした様々を誰かや何かと比較出来ない

それが私以外に当てはまるかは別の話

乗り越えたわけではなく受け容れたということなのかもしれないね。

 

何かを「しない」という優しさには、強い心や成熟度が必要なのだと思う。

大切な人の力になれない

大切な人のために出来ることが「しない」ことというのは

如何にもこうにも寂しいものですね。

 

大人になりきれない私は 

泣いてるあなたに、こっそりティシュを差し出すくらいはいいかな?

させてもらえたら嬉しいなーと思ってしまいます。

PRIEREはそんなお店です。 

雲の上はいつも青空

いつも星空が輝いています。

f:id:priere-vie:20160406214235j:plain