自分記録帖

ただ私が私でいたい。自分を生きると決めた私の記録帖です。

必修科目

『失敗は人生の「必修科目」』
最近目にしたなにかに書いてありました。
心強いわー。

「責める」の反対語は「許す(赦す)」
深いわー。

「責める」と「責任」
同じ字だって、いまさら気づいた。

今居る環境、現実を創ったのは
自分であって
誰かじゃない。

結果の良し悪しは自分の都合
たまたま都合が悪いからと
誰かを責めるのは可笑しなこと

責めたところで
責めた責めを負うのも自分だしね。

愚痴は相手の許容範囲によって
八つ当たりや責任転嫁は
一時避難として許される甘えなのかもしれないなと…。

赤くなったり
青くなったり
拝みたくなったりしながら
つらつら考えております。

すべての源は自分なんだと
青空見あげて
ふーっと長い息を吐く。
f:id:priere-vie:20160715221924j:image
人は歳をとると丸くなるっていうけれど
自分がした失敗と
同じことをしているのを目にしたって怒れやしない。

恥ずかしいやら
照れくさいやら
情けないやら…
出るのは苦笑い

いろんな視点があると思うけど
そんな意味もあるんじゃなかろうかと思うお年頃
PRIERE