自分記録帖

ただ私が私でいたい。自分を生きると決めた私の記録帖です。

お月見用のススキに想う、幸せのハードル

十五夜 お月見用に買ったススキ

ススキはそこいらで取ってくるものだと
信じてない疑わなかったこれまで。
ススキを買うことになろうとは…。

とはいえ
昔住んでたあのあたりから
ススキの原がなくなったとも思えない
あのまま彼処に住んでいれば
当然買わずに頂戴してくるに違いない。

ふむ。

ススキを買うことになったのは
コッチの都合でございました。

住処(すみか)が変わっても
ススキを飾れて嬉しいな。

ってことかと思いなおす。

住処も変われば感性も変わるみたいです。

物心ついた時からススキは新鮮(?)が一番
シュッとサラーっと流れる穂のヤツが好きでした
f:id:priere-vie:20160923140956j:image
こんな風に、ふわふわしてくるともういかん。
むずむずして落ち着かず
ポイです。

     庭と野っ原に境がないようなところで育ったので、ポイ先は野原
     文字通り、ヒュッと抜いてポイ。
     ありがとう!十分楽しんだのでお返ししまーす的な感覚
     今はゴミ箱…終わった花を「捨てる」度、ココロが痛みます。

それが、あれー嫌じゃないなぁ
ふわふわキラキラ可愛いなぁ

なーんて思う不思議
好きの幅が広くなるのは大歓迎
幸せのハードルは低くてヨイ

『ちっさい幸せですねー』と言われたりもするのですが、私はこのちっさい何気ないことがなによりありがたくて温かくて暗闇に小さな灯りが灯るように嬉しくて涙が出たりもするのです。
あー泣けてきたー(笑)
PRIERE