自分記録帖

ただ私が私でいたい。自分を生きると決めた私の記録帖です。

『神さまたちの遊ぶ庭』宮下奈都

「休み」なはずが

結局「仕事」入れちまったぃ
 
合間に休憩
とうに過ぎてしまった期限切れの本を慌てて読む
ちっとも読み進まず放っておいたのに…
 
あれれ⁈
面白いではないか!
青空眺めて珈琲啜りながら 読了。
f:id:priere-vie:20161007144557j:image
北陸 福井から北海道トムラウシに山村留学された宮下(作家)一家5人を描いたエッセイ
 
作風はエッセイにも現れていて
淡々とした口調が好み。
 
北海道が舞台なので
判る程度には…身近(?)だけれど
住む身となれば
きっと別のお話しだろう。

けれど

今、北海道という場所にいることに

自信を持てる一冊となった

 

何処に行ってもいいと思っていて

何処の住処も仮と思っていながらも

何処も離れがたい愛着を感じていいんだね


愛着のある場所が増える

「おかえり」が増えるのは素敵なことです。

 

神さまたちの遊ぶ庭

神さまたちの遊ぶ庭

 

 

73
『本気を出すことを恥ずかしがったり怖がったりしてきました。でも、ここトムラウシで、今日も本気の大人たちをたくさん見ました。大人の本気ってかっこいいです』 
 
 
あーーー
私は未だに、恥ずかしいし怖いんだわー
と気づいて泣ける。
 
PRIERE