自分記録帖

ただ私が私でいたい。自分を生きると決めた私の記録帖です。

練習記②

練習記の続き ①はコチラ

自分専用マニュアルみたいになりました(^-^;

<③→④のハードルの越え方(純子の場合)>

 練習フロー

 ①⤵︎話をする
 ②↓嬉しい 楽しい♪繰り返して安心感がつくられる
 ③↓言いにくいことも起きる
 ④↓言いにくくても伝える
 ⑤⤴︎そのまま受け止めてもらう

 

■ ③が起きたら

 まず、自分を大事にする!と決め、意識して自分の感情を感じます。
 「私は(私に)大事にされていい」
 「私は(私を)大事にしてくれる人とだけ付き合っていい」

 そう許可する感じで一次感情(寂しい、悲しい、虚しいなど)まで分解
  自分の傷に触れたか、相手の傷に拠るんじゃないかしらね?

 

■ そして④をするかしないか判断しますが
 ②でお互いに安心感と信頼感が築かれていることが条件です

 ④をすると決めたら
 伝えた後の反応を妄想しない。
 相手の気持ちを勝手に決めないと決める。

 「私は」を主語に、カナシイ 寂しい イヤだ と思ったことを丁寧に
 シンプルに、余計な言葉は削って(男性)上司へ相談するように
 わからなければわからない。困っているなら困っていると素直に構成する。

 

■ コレで嫌われるなら其れ迄!と意を決して送信ボタンをポチッとな。

  コレで嫌われるならそれ迄!と思うのはこれまでのクセ
  実際は嫌われないし、こんなことで嫌うような彼等ではないと知っています。
  ビビるけど…。

 

大げさですけど 本人かなり真剣っす。

 

あとは相手の領域なので、じっと待ちます。

 返信が、こなければそれが回答なのだと思う…
 相手に受け止める義務はなく
 受け止めない自由があるから
 悲しくても「私」が駄目なわけじゃない。

 

着信音にスマホを取り落とす勢いでビビり
恐る恐る開いて読んで驚く
ヘタレの心臓に悪い…

 

特に今回は、ほんの二行で改善案提示と安心感をいただきまして

受け止められた実感ハンパなく
嬉しすぎてなぜか逃げたくなりました。

なんでだろ?

 

兎も角、この度 初循環が成ったのは相手に拠るところが大きいです。

私も がんばった笑。

おかげで対策会議はうまくいき、試行状態も良好です。

 

でね

ものすっごい覚悟で送ったメールを解決後に読み返すと
ただの甘えん坊メールにしか見えません…。
相手がどう思っているかは不明ですが、実際わかりにくくムッチャ甘えています。

寛容さの持ち主である友に

心からの感謝を込めて ありがとうを。

これ、たぶん読まないだろうから
タイミングみてちゃんとお礼を言おうと思う。

  

『お父さんは弱い人だったかもしれないけれど、世の男性がみんなそうではありません。』

カウンセリングレポート⑤パートナーシップ - 自分観察帖 

もちろん誰しも弱いところはあるのでしょうけど
受け止めてくれる強さ深さが頼もしく
おかげでとても、幸せなのです。

 

受け止めて貰うには
ありのままの私でよく
でも、そのままでは駄目でした。

 

先ずは自分で自分を受け止めて
小さな受容を認めて重ねて
受け止めて貰える状態まで整ったのだと思います

ご褒美みたいに嬉しいです。

 

整えるには

万紀子さんのカウンセリング、良いですよ^_^

 

f:id:priere-vie:20170511061811j:image

札幌では、ライラックが咲き始めました。

 

PRIERE