自分記録帖

ただ私が私でいたい。自分を生きると決めた私の記録帖です。

なぜミネラル・スコープなのか?

ミネラル・スコープ(天然石の万華鏡)を作りはじめて

『なぜ 万華鏡?』

そんな質問もいただく今日この頃

 

2014年2月に開業届けを出したわたくし

「明るいほうへ」のスタートは

明るいほうへ向かうために サポートになるツールの提供

実は もともと物販をしたくて始めた事業でございました。

 物販がやりたいことなら

 研修・講師は望まれたこと(詳しくは次回)

 

傷ついている人を五感から癒し整えるサポートがしたかったのですね。

自分がものづくりをできるなんぞ思ってもいなかったので

「音(聴覚)」や「香り(嗅覚)」「灯(視覚)」と五感に訴えるものを探し

「おりん」「キャンドル」「お香」「似顔絵」などを選んで販売してました

(当時は直感だけで選んでたので、こんな風に言語化できてなかったですw)

 

ある日 ジュエル・スコープのワークショップの案内を見たとき

やってみたくて仕方がなくて

作ってみたら満足できなくて

2回参加したけどやっぱり満足できなくて

それでも、家でも外でも万華鏡を覗いていた頃

もっとこうしたい

もっと綺麗にしたい

そう思うと同時に

キラキラと光る色の重なりを眺めていると

心が鎮まり穏やかに落ち着いてくることに気がつきました

 

一瞬が創り出す景色

同じものは二度と現れない連なる変化

明るいほうへと誘う光

これをすべて鉱物を中心とした天然素材で作りたい!

 

そのとき

小さい頃に家にあった百科事典

ボロボロになる程見ていたのは「植物」と「鉱物」だったと思い出します。

 

私は蓋をしていた「好きだった」ことを ひとつ 思い出しました。

 

万華鏡は200年ほど前にイギリスで創られました

時が経ち、大切な人を喪くしたアメリカの女性の手に渡り

彼女の癒しになったことから広まったそうです。

 

PRIEREコンセプトとの類似

・体感としての心の鎮まり

・綺麗なものに触れている幸福感

 

これだ!と思ったのが先か

作り始めたのが先か

どっちかもう忘れちゃったけど

もう夢中 猫まっしぐら!

 

 

万華鏡は、民芸屋さんにあるおもちゃから(一番にイメージされるものの代表)

愛好家向け数万円以上の芸術品まで様々

 

私が創りたいのはその間

 日々の暮らしに使われるもの

 なくても生きられるけど、あると楽になるもの

 気軽に持ち歩けるもの

 一人で何本も持ちたいと思えるもの

明るいほうへ向かうために サポートになるツールとしての万華鏡です。

 

 

明るいほうへと願い

その人がその人で在られるようにと願う

その人が持つ力をその人らしく発揮できたら

世界は調和し平和になると本気で思う。

 

 

明るいほうへと願い向かう人の手に ミネラル・スコープが渡り

私の手が離れたその先で

彼らの力に彼ら自身が気付くきっかけや

明るいほうへと向かうサポートになってくれたら嬉しい。

その希望を持って日々研鑽

 

誰より

私自身が明るいほうへと願い向かい眺めて実感していて楽しいから♪

時々テーブルひっくり返したくなるほどもどかしくてたまりませんが辛くはないです

今日も猫まっしぐら!

PRIERE