自分記録帖

自分に戻る、自分を生きると決めた私の記録帖です。

悪循環⇨停止⇨揺れ⇨好循環へ

わたくし 物心ついた時から

なんとも言えない根拠のない自信があって

なんとかなると思って生きております。

 

実際、今も生きているので なんとかなっている

なんとかなるいうのは概ね間違いでもない。

 

ただし

これまでの根拠のない自信の源は

「私は出来損ないじゃない!」と

誰かへ証明するための強がりであったように思うのです。

それと、「どーせ誰かが手を出すんでしょ」という諦めに拠る依存。

 

備わっていない能力を強要期待され努める

これが大して伸びない…。

がっかりするも、納得できない。

出来損ないかもしれないと不安になる。

自分で決めたいと言えない。

やってみて出来損ないが証明されると困る。

何も言えず、許可なく手を出されることを受け入れてしまう…。

 

備わっていない能力を期待され努める
そこそこ器用にこなせたりもする

備わった能力で大して努力もせず褒められたりもする。

納得できない。

努力してないのに褒められても受け取れない。

能力が発揮できるかもしれない場面で逃げ腰
自分で決めたいと言えない。

やってみて叩かれるのが怖い。出る杭になるのが怖い。

 

真面目で優しく臆病なワタシ

悪循環。

(じんわり悲しくなってしまうあたり、まだ燻るものがあるのかしらー?と思いつつ、じんわり泣くとすぐ忘れるっぽいのでよしとする)

 

 

片足を床につけて体重計に乗るよう唆され

うまくいっても自分は誤魔化せない。

そんなデータは偽物だ!

私は正しいデータが知りたい!!

正しいデータで発表する!

…そう言えない自分が嫌だった。

 

唆されたと怒っても

そうしたのは私。

他人のせいにはなりません。

 

 

カウンセリングで

期待、信頼、責任が仕分されて数日

 

そこそこ自分に悪態をつき

辛かったねとヨシヨシする

方向は間違ってたけど、よくがんばってたよ。

他人の許可を取らなくていいぞ

自分の好きにしていいよ

褒められたら存分に受け取っていい。

 

 

他人が私を評するのは自由。

他人の評価≠事実 。

他人の評価の大小に、合わせなくていいんだよ。

   怒っていい。ぶつけちゃ駄目。
   喜んでいい。卑下不要。
   期待という名の依存にノーだ。逃げろ離れろ!

 

 

床につけた片足を離して体重計に乗せる。
両脚で体重計に乗る。
壁に触れてた手も離して全体重をかける。

 

ありのままの重さに○。
きっとこれが「存在の肯定」。

自分の体重を把握しよう。

どう使うかはそれからだ。

 

出来損ないでいいじゃない♪

そこは私じゃない誰かの活躍の場

不完全な自分にまるっと○をつけられた。
努力なしに出来ちゃうことにも◎をあげる。

よっしゃ これが「個性の肯定」。

 

いちいち胸に納めます。

 

さて、その後も私の 根拠のない自信は健在だ

でもその源は「大丈夫」に繋がっている。

 

大丈夫大丈夫

心が望まないことはしない

心が望むことをしていたらうまくいく

自分の責任で「やる(やらない)」ことは、全て糧になる。

 

種を撒き、育て、刈り、穫る。

その繰り返し。

 

未来を気負わずとも

    未来: 期待・希望・恐れ・心配

今を生きれば

    過去: 糧・評価・信頼に繋がる。

 

悪循環に気がつきブレーキをかけ続けた数年

停止した反動で

行ったり来たりな揺れも落ち着いたと思う

いよいよ好循環へ回り始める予感

 

ココはちょっとチカラが必要

私には体力があまりない。

ぼちぼちいこう。
焦らない焦らない。

PRIERE