自分記録帖

自分に戻る、自分を生きると決めた私の記録帖です。

幸せになろう。

「自分が幸せになりたかったら...」無償で途上国の子どもを助ける吉岡秀人医師が「あいのり」で語った時間論

 

間違った「前提」が崩れ始めた

画一に収まらずに良くなって

1つのことをし続けなくても、大切な人を苦しめない

怒られない

 

飽きっぽさは、駄目ではなく

イデアと行動力の賜物であることが認められつつある。

 

副業オッケーなところも増えて

ライフスタイルに合わせて選択できるまでに拡がった

 

さぁ個性を発揮しよう!

解放宣言が次々となされる

 

 

ところが

個性を隠して「みんな同じ」を上手に演じてきた人ほど

「自分」がどんなだったかわからなくて混乱する。

 

「違和感」や「我慢してきた」ことは感じられても

自分の個性がわからない。

自分の本来がわからない。

自分の使い方が分からない。

そんな人は、少なくないと思う。

 

私自身、自分の価値観で生きると決めて自由を得た後に「本来の自分」がわからなくて苦しかった時期がありまして…

出したい!出せない!

自分の中に在るのに出せなーい!うーんっ!

便秘状態だよー。とほほだよー。

 

 

幸い 私の趣味は内省

悩みは改善解決するために在る

気づいてしまえばなんとかする

助けだって適切に判断した上で要請出来る

そんな性格の私は運が良い。

意識的に鏡(周りの人)を観て

カウンセリングを受け、心理を学び

私は私になりました。

 

便秘 解消〜♪ やっほぅ!

 

 

今は、自分の使い方を模索する日々を送っています。

 

たまに 世間や時代という姿のないものに抗いきれなかった自分を嘆いて怒りが湧く

不毛だぞ〜と 心を抑えてみても

怒りも悲しみもなくなってはくれないし

現実も動かない

幸せにならないこの方法は(私には)駄目らしい

 

なので、怒る自分を赦してみた。

抗いきれなかった自分が悔しい。

抗う方法を知らなかったことが悲しい。

自分の価値観を主張する術を見つけられず悔しい。

 

そうしたら、抗えなかった私以外の

「染まらなかった私」

「諦めなかった私」がいた。

 

現実が動き出す

周りが変わる

   第一段階 状況は変わらないが見方が変わり

   第二段階 対応を変えた結果、状況も変わる

生きてることに感動して泣けたりする。

 

ネガティブな想いもちゃんと見て良いのね

ネガティブ ≠ 悪者

 

自分の感情に、悪者はいない

拗ねたり怒ったり

自分の気を引いている

ちゃんと自分を構ってあげよう。

 

 

大丈夫。


これまで「浪費」していた時間割合を

これからは「投資」に廻せば

『できないことはほとんどない。』

 

遅すぎることはない。

早すぎることはもっとない。

焦らず急ごう。

 

自分を出して

幸せでいよう。

PRIERE