自分記録帖

自分に戻る、自分を生きると決めた私の記録帖です。

怒りについての一考察

怒りを感じることが苦手なのは

怒りを無理に抑えていたせいで

怒りを産む感情

寂しい悲しい虚しい という感情(一次感情)を

感じないよう蓋をしていたから。

 

感じるのが苦手でも

感情はあるし、なくなったりもしないから

 

押さえつけて限界迎えて大爆発したり

歪んで拗れて滲むような

厄介な怒りを抱えてました

これは大変生きづらい

 

歪みと拗れを認識して思考を修正して行動を変えて練習し

自分でも やっと少し成果として観られるようになってきたかなというところ

丁寧にかつ勇敢に解いてきた自負が自信に繋ってるのではないかと思う

 

蓋というものは

外せば ドバーッ!って中身が出るものと思っていたけど

ビビりな私はそうはいかず

開いたよー

大丈夫だよー

出てもいいよー  って

根気強く励まし続けることが必要で


練習きらーい!そっかキライかー

めんどくさーい!うんうん めんどくさいねぇ

そう根気強くなだめ続けることも必要で


間怠っこしいこと甚だしい

やれやれである。

 


感情の認識と言語化が苦手だけれど

感情の幅が広く豊かで深さもある

(自分比・広く深く豊かだから認識と言語化が難しいのか?)

それは感覚が識っていることであって体感は別のもの


感情を感じて咀嚼して味わって言語化して

少しづつ自分のものになっていく感じは

宇宙人が少しづつ人間を学ぶような如きです


本当に間怠っこしいがこれが最短

最短と判れば間怠っこしいのも平気になり

焦ることが格段になくなったと思う。

 


さて、思えばこうして

なかなかいい感じじゃないのーと思い始めた頃から

 

想いと言葉は裏腹な天邪鬼になり

人の不機嫌は笑って流せなくなり

あれぇこのイライラは なんだろうと思っていたら

それが 「疲労」由来であると知りました

「疲れると優しくなれない」んだね!

誰もが知ってる、こんな当たり前のことを大発見!と驚く私に ビックリ追加。

※私の怒りは攻撃性高めです

 

対策はコチラ
・八つ当たりしちゃう人には優しくなれるまで近づかない

・ひとり時間を割増投与

・疲れそうな予定の後には休みを入れ

・疲れたら休むがよいと自分に赦す


じんわり疲れが取れ出すと

これまで感じていた怒りと思っていたものの正体がみえる

とりあえず2つ


① 甘えた

・機嫌とってよー!労ってぇ〜!という甘えたアピール

   通じねーよ!自分で労われよ!

   できないなら手を貸してって頼めよなー

   …ツッコミどころ満載である


② コントロール

・察してー!望む通りにして!なんでしてくれないのー!

・許可なく私に触るな踏み込むなー!

   通らないコントロールやコントロールの拒否拒絶嫌悪

   (コントロールは、するのもされるのもうまくいかないようにできているに違いない)

   幼さ、未熟、言葉不足、言語化の怠慢、断りを許せない恐れ、選択の幅を奪う自由の不足、ボーダーの緩さ

    

あぁ恥ずかしい

 

以来、いちいち覚えるように感覚と感情を紐付ける
これは 寂しい

これは 悲しい

これは 虚しい(甲斐がない)

これは 嫌

理由がなくても わからなくても 否定しない 蔑ろにしない

赤ちゃんか⁉︎ と思っても(感覚が)赤ちゃんなんだから… となだめ

自分で自分の機嫌を取り続ける

 

怒りは 怒りとして出る前に

一次感情を出してやれば怒りにならないらしい

 

そして感情を認めると、勝手に対策を考え始めたり 解決策が浮かんだりする

時短!


なんとなく自分の怒りに対処でき始めたかなと思ったら

人の怒りにも対処ができるようになり始めたように思う


まず、離れて良い相手なら近づかない

縁があるならまた繋がるし

繋がらないなら縁がない

 

仕事絡みで距離が取れない
怒りで人を測る相手には

語彙強めに筋を通して こまめに早めに不満不服苦情を言ったり、怒っているフリしたり。


無礼な相手、人を軽んじバカにする相手には

決して屈せず努めて冷静に、対応は品良く柔らかく。

 

同じ土俵からサッサと下りて上に逃げる。俯瞰する。見下さないようにがんばる。

相手が私をバカにすることを、私はバカだと=(イコール)で結ぶ必要はないし

私が私自身を、礼を欠くに値する人間だと認めてはならない。

バカにするお前がバカだとバカを事実として認識するのと、見下すことは違う。

熱くなったり反応して、無礼を働く相手と同じ土俵になんか立つものか

(ちょっと熱くなってるw)

熱くなったら、熱を冷まし 自分をもてなし礼を尽くしてケアをする


感情対処が、少し上手になってきたかなって体感が出てきて

日常が日常らしくなった気がします

穏やかな日々は愛おしく

とても嬉しく思います

PRIERE